サバイバルで覚えておきたいやってはいけない10の失敗









覚えて起きたいサバイバルで死に至ってしまう10個の失敗。
ロッキー・マウンテンでブッシュクラフトを続ける投稿者。
様々なサバイバルブックを読んだ結果の、多くの知見から紹介されています。

1.凍傷に雪をこすりつけること。
2.鳥が食べているからといって同じベリーを食べること
3.苔が必ずしも北側に生えているわけではない。
4.尿を飲むこと。
5.現地調達したツタなどを弓弦へと使用すること。
6.氷から火を起こすこと。
7.摩擦力で火を起こそうとすること。
8.知らない木の実は食べないこと。
9.植物図鑑を信用しすぎること。
10.甘い果実は食べれる、苦い果実は毒性がある、というのは必ずしも正しくない。

以上が投稿者が実践してみた結果の失敗談だそうです。
対策方法はその都度解説されています。
ちなみに重要なのはどの手法でも十分に研究することだそうですよ。
いろいろ難しいことがあるんですね。




巨大な雨水排水溝でラフティングしてみた









郊外に配置されている巨大な雨水排水溝でラフティングしてみた動画。
まずは森の中に設置されている出口側から侵入し雨水の入口へと到達。
各人が一人乗り用のボートに乗って水流を下ります。
流れ終わったら再び入口へと戻り、再度水流に身を任せます。
あの中って結構広いんですね。
内壁に落書きする人もいるんですね。




雨が降る森の中で木につるしたシェルターで過ごしてみた3日間









雨が降る森の中で木につるしたシェルターで過ごしてみた3日間のブッシュクラフト。
道路からの距離は7kmほど。
標高は海抜1820m。
マイホームとなるブッシュクラフトの材料は現地調達。
ターフや食材、各種道具などは持ち込み。
1日目はシェルターを作り、2日目にはダムを利用して風呂を作成。
3日目は大雨なので料理をし、4日目には訪れたネズミのために種を残し去ります。
ちなみに森に生えている木のほとんどはブナ科の木だったそうですよ。
この静かな空間で過ごすキャンプは気持ちよさそうですね。




どこぞの国では道路わきには無料のミニバイクがあるらしい









友人が見つけてくれた道路わきに置いてあった無料のミニバイクに乗ってみた動画。
誰が置いたかは不明。
車種はコールマン社のCT200U。
バイクの状態は良好。
木の立て看板とともに道路わきの草むらの上に鎮座しています。
エンジンも普通にかかるため、近所を試走してみます。
こんな不審な物体によく乗ろうという気になれましたね。




森の中に放置してた1952年のバスを動かしてみた









森の中に放置してた1952年製造のバスを動かしてみた動画。
動かすのはキャンピングカーとして改造されたケンワース社のスクールバス。
2003年にその場所まで運転し駐車され、他のバスの部品取り用として保管されていたものでした。
外装も内装もボロボロ、エンジンもさび付いているような状態。
それをどうにかこうにか修理し、動かしてみることにします。
こんな状態でもエンジンって動くんですね。




Twitter プロフィール
インターネットに引きこもって集めてきた色々な面白ネタを紹介しております。 連絡や要望等がございましたメッセージフォームまで。
記事検索
アーカイブ
タグ絞り込み検索