レシピ

1900年代から2000年代のハンバーガーを作ってみた









1900年代から2000年代の100年間のハンバーガーを作ってみた料理動画。
各年代のハンバーガーについての詳細な解説もされています。
最初の方は結構シンプルだったんですね。
どの時代もおいしそうです。





ウェンディーズのベーコネイターのレシピを再現









ウェンディーズのクソデカハンバーガー「ベーコネイター」のレシピを再現してみた動画。
必要な材料は牛ひき肉2ポンド(約907g) 、ベーコン1パック、チーズ6枚。
そしてブリオッシュパンが2個とマヨネーズ、ケチャップ、レリッシュ。
作り方は通常のハンバーガーと同じ。
コピーのレシピで再現したソースを塗っていきます。
胸焼けしそうなほどデカいですね。





教えてくれることは真っ当なのになぜかうさん臭く感じてしまう寿司教室









寿司の作り方を真面目に教えてくれる料理動画。
酢飯のレシピから寿司の握り方まで。
そして押し寿司・太巻き・手巻きなど日本の伝統的なレシピを教えてくれます。
しかしながら説明する言語は英語となっています。
海外の深夜の通販番組的なアレを感じるのはなぜでしょうか。
できあがったものをパクパク食べるのは向こうの演出という感じがしますね。




伝え継ぐ日本の家庭料理 すし ちらしずし・巻きずし・押しずしなど
日本調理科学会
農山漁村文化協会(農文協)
2022-08-26

中世の蜂蜜酒「ミード」のレシピ









中世時代の醸造酒「ミード」を作ってみた動画。
必要なのは天然水とハチミツと酵母菌。
ハチミツを4倍の水に溶かし、灰汁を取り除かずひたすら沸騰。
その後、充分に冷やしてから撹拌。
そこへエールかバームとハチミツをぶち込み、さらに撹拌。
1日以上放置すればミードの完成となります。
またこのお酒ができた背景と近辺の歴史についても解説されています。
動画概要欄に英文で詳細な作り方が記載されています。





誰でも簡単に作れる激辛ホットソースのレシピ









ハバネロを大量に購入したときに役立つかもしれないホットソースの作り方。
種を取ったハバネロを塩水に漬けるだけというもの。
隠し味にはニンニクとドラゴンブレス。
フタを軽く開けた状態で放置、毎日振るだけで発酵していくそうです。
10日ほど経ったらミキサーにかけ、濾せば完成となります。

ちなみにハバネロのスコヴィル値は30万、ドラゴンブレスが248万となっております。
色がきれいですね。
めちゃくちゃ辛そうですけどね。





Twitter プロフィール
インターネットに引きこもって集めてきた色々な面白ネタを紹介しております。 連絡や要望等がございましたメッセージフォームまで。
記事検索
アーカイブ
タグ絞り込み検索