メイキング

アイスの棒で作ったヴァンツァーっぽいロボがかっけぇ









アイスの棒でできたロボットを製作する動画。
材料はもちろんすべてアイスの棒。
アイスの棒を貼り合わせ形を造形。
円状のパーツも研磨するなどして作成。
各関節は一部可動。
武装として刀と斬馬刀が付属。
部位によっては色分けされて作られています。
デザインがカッコイイですね。
造形が細かいですね。




バーベキューの炭火の火力を極めてみたい









BBQのグリルに関するとある動画を見た投稿者。
それは以下のようなものでした。
銅製のホースと穴を開けて、木炭の煙突を改造。
木炭が燃えているところに酸素を供給し、火力を爆上げさせるというものでした。
しかしこのやり方では炭火が数秒で立ち上がりはしたものの、煙突が燃え尽きてしまう結果に。

そんなわけで火力を爆上げしつつ超速で炭火を起こせるコンロを作ってみた動画。
構造としては燃えている木炭へ酸素タンクから酸素を送り込むというもの。
煙突として使用するのは厚みのある金属の円柱。
そこに網を敷き、木炭をキャッチ。
側面に穴を開けて酸素チューブを追加し、空気を供給。
木炭の火力に耐えうる素材で制作していきます。
火の勢いがヤバいですね。
逆に肉が真っ黒になりそうです。




バナナナイフ作ってみた









本物のバナナと見間違うバナナナイフを作ってみた動画。
まずは叫びながら車を運転し、ショッピングモールへ。
バナナを1本購入し、シートベルトをさせたら再び運転しながら叫びます。
次に向かったのはナイフ屋。
バナナのように湾曲したナイフを買い求めます。
そこで購入したのは真っ黒なマチェット。
そのマチェットの刃部分からバナナの大きさに見合うサイズに刃を切り出し。
研磨して刃を出したあとに中子を溶接し、刃物部分が完成。
バナナ本体は、木材を削って作成。
塗装を施し、より本物らしく近づけます。
そして鞘と柄に分割し、刃を収納。
鞘と柄は磁石によって接着されます。
完成した暁にはキッチンにでも置いておきましょう。
皮の黒ずみが生々しいですね。
本物のバナナと間違えてしまいそうです。




ジェット推進してくれるアクアマンの槍を作ってみた









ジェット推進してくれるアクアマンの槍「トライデント」を作ってみた動画。
求められた機能は世界一の水泳選手より速い推進力と水中でも可能な呼吸。
まずは金属のパイプにすべての機能を詰め込むことから始めます。
槍の末端部分にモーターを設置。
そこから順番に速度を制御する部品、バッテリー、各種ボタンと酸素ボンベを設置。
槍の先端部分はステンレス鋼をレーザーカットで成形。
タブを曲げてテープで固定します。
組み立て終わったらプールと池でその性能を試してみることに。
ちなみに全長10フィート(約3m)ほどあるそうですよ。
10メートルぐらいは潜れる性能があるのだとか。
振り回すのは無理そうな大きさですね。




ゲームボーイカメラミニを自作してみた









1998年に発売されたゲームボーカメラの弟にあたるかもしれないマクロカメラを作ってみた動画。
まずは核となる基盤のPCBを外注。
次にケースとなるカートリッジのカバーを3Dプリント。
そしてゲームボーイカメラを分解し、必要なパーツを取り外します。
取り外したのはGBDチップとメインボードのD2、2つのコンデンサーとセンサー。
それらを新しい基板に取り付け。
そしてゲームボーイ専用に書かれたオープンソースのプログラムをPCを介してインストール。
各パーツを組み立て、カートリッジの形になったら完成となります。
完成した暁にはカートリッジをゲームボーイにセットし、写真を撮影してみます。
画質は良くないですが、いい感じの雰囲気が出てる画像ですね。




Twitter プロフィール
インターネットに引きこもって集めてきた色々な面白ネタを紹介しております。 連絡や要望等がございましたメッセージフォームまで。
記事検索
アーカイブ
タグ絞り込み検索